ジュエリー作家       遠野美香 Blog


by shelley
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
五月はバラ職人の仕事が忙しく、すっかり更新が空いてしまいました。
想像していた以上に全てのバラがたくさん花を咲かせてくれました。
あまりにも見事だったので、仕事変えたら?のお声も頂きました(笑)
毎日2時間作業してました。出展前なのに・・
c0328410_21174169.jpg

それではオートクチュール刺繍のマントゥーズ技法について続きを・・
私が通っていたサロンでは、パリの刺繍学校 ルサージュのカリキュラムとほぼ同じ技術を
教えて頂いていました。
これはとても幸運だったと思います。
その頃はそんな事を知らなくて、レベルの高さに泣いていましたが。
その規定のカリキュラムで学習したマントゥーズ法は全体の2割くらいだったかな?
ほとんどリュネビル技法に時間を費やしていたと言えますね。

今年から始まった楽習フォーラムのオートクチュールビーズ刺繍ジュエリーは、
マントゥーズ法(縫い針を使用)に特化したカリキュラムになっています。(ALLより画像転載)

c0328410_21435888.jpg
こちらのカリキュラム、マントゥーズ法の基礎は大体入っているという、超お得なカリキュラムなんです。
加えてゴールドワークも!
そしてレシピがとても丁寧でわかりやすい。
なんとミリ単位で指定してあります。
刺繍って職人技ですから、先生のデモを見て覚える!なんですが、一度見たくらいではなかなか覚えられません。
そんな時、レシピは大助かりです。
その上、出来上がる作品はプロ級の素敵な作品ばかり。
初心者の方には、特にお勧めです。

基本、第2週、4週の火曜日〜金曜日、日曜日に
レッスンしています。
体験レッスンは、随時受け付けています。

☆8月2日〜7日まで京阪百貨店 守口店にて
出展致します。
オートクチュール刺繍のご紹介も致しますので
興味のある方は、ぜひいらして下さいね。




[PR]
# by shelley2014 | 2018-06-11 20:51 | オートクチュール刺繍
私がオートクチュール刺繍と出会ったのは
もう七年くらい前、その頃洋書(シェリー・セラフィ二が好きだった)を取り寄せて
ひたすら独学でビーズ刺繍をしていた私
ある方から、かぎ針で刺す刺繍がある事を聞き
しかも裏から刺す?
どうやって?
それがオートクチュール刺繍リュネビル技法でした。
c0328410_22204511.jpg
※ディオール2017年春夏コレクションより転載
このドレスにされている華やかな刺繍がそうです。

東京にサロンがあるとの事で、すぐに問い合わせたら、たまたま空きがあり、入会出来る事になりました。
師事させて頂いたT先生は、ルサージュでディプロマを取得されただけでなく、非常に技術力の高い方でした。
生徒さんは全国から来られていました。
その先生の元で規定のカリキュラムを三年、応用コース作品を二年受講致しました。
まるで、フランスのサロンにいるかのような
厳粛な雰囲気の中、まさしく修行?の日々でした。
正直、今まで習ったどのお稽古より難しかったです。
でも楽しくてどんどんハマっていきました。
そして大好きになりました。
宿題の量は半端なかったですけれど
早く次に進みたくて必死でこなしました。

様々なクロシェ(かぎ針)
c0328410_22292491.jpg
裏側からひたすら刺しています♪
こんな風に大きな刺繍台に生地を張り
作業していきます。
c0328410_22301896.jpg
こんなコサージュも製作出来ます。
c0328410_22342400.jpg
実はオートクチュール刺繍は、二つの技法の組み合わせです。
かぎ針を使用したリュネビル技法と普通の縫い針を使用するマントゥーズ技法です。
同じかぎ針でも表から刺すインドのアリワークという技法もあります。
リュネビルと呼ばれているのは、フランス北東部リュネビルが発祥の地になります。
長くなりますので

マントゥーズ技法については次回に♪

レッスンのお問い合わせ、お申込みはこちら


[PR]
# by shelley2014 | 2018-04-05 21:59 | オートクチュール刺繍
大阪で昨年より、レッスンさせて頂いた作品達
を一部抜けていますが、ご紹介致します。
c0328410_11204013.jpg

c0328410_11204405.jpg

ほとんどの方が、ビーズは全く初めての方達ばかり。
それでもこんな素敵な作品が出来るようになりました。
最初は細かいビーズに少々戸惑いますが、
要は慣れなんです(笑)
何回かレッスンしていくうちにホラ♪
スイスイ出来るようになります。
50代〜80代までとシニア世代が多いサロンです。
頭の訓練になるからと、色違いで何本も作られる方。
販売したいからと資格を取った方。
c0328410_11303902.jpg

自分で作ったアクセサリーを身に付けるのが楽しいお洒落大好きな方。
c0328410_11311764.jpg

お友達にプレゼントしたい方。
目的は様々ですが、皆さま楽しく通って頂いていて、嬉しく思います。

初心者の方には認定講座の作品をまず、おススメしています。
レシピが非常にわかりやすいのと、段階を経て着実にスキルが身につくからです。
東京ではビーズ刺繍をメインにレッスンさせて頂いていましたが、大阪ではビーズステッチが圧倒的に人気ですね。
新しいカリキュラムも10年ぶりに発表され、2018年はブームが再燃する予感♪

ご挨拶が遅れましたが、どうぞ今年度もよろしくお願い致します。

オートクチュール刺繍のお話は、また次回にさせて頂きますね。

[PR]
# by shelley2014 | 2018-02-03 11:14 | レッスン
草バッタってご存知ですか?
日本に昔から伝わる草遊びの一つです。
c0328410_17592988.jpg

c0328410_17592933.jpg

元々は棕櫚で作られる事が多く、南国の子供達に
とっては珍しいものではないようです。
そんな草バッタを今から10年くらい前でしょうか。
私の母が、ご近所の高齢の方に習いました。
棕櫚ではなく、藪蘭とお松を使い、あたかも草に止まっているかのように見える珍しい作り方でした。
一度では作り方を覚えられず、何度も根気よく通い詰めたようです。
それ以来、様々な人に伝授してきました。
カマキリも間違えて寄ってくるほどの精密さ。
素晴らしい日本の伝承工芸だと思います。

その草バッタの講習会を開催致します。
講習会の日程以外でも、ぜひ習いたいという方は
ご連絡下さいね。
材料の関係上、一週間前までにお願い致します。

7月18日、27日 13:00〜
参加費 500円(お茶菓子代)

お申し込みはこちらから
http://www.mikatono.com
または
Mail: shelley20077@gmail.com


[PR]
# by shelley2014 | 2017-07-15 17:43

1Dayレッスンのお知らせ



c0328410_21521231.jpg


c0328410_21521223.jpg


夏の1Dayレッスンを開催致します。
夏らしいターコイズを使用したブローチをビーズ刺繍で作ります。
刺繍が初めての方でも、針に糸を通せれば大丈夫です。
少しラヴェンダーのかかったスパンコールの
グラデーションがとても綺麗なブローチです。
こちらは当サロン会員の方以外でも、ご参加頂けます。
講習費:2時間 5千円(材料、税込)

日程は、サロンHPカレンダーから
レッスン日をご確認下さい。
http://www.mikatono.com
ご予約は、ホームページのReservation から
もしくはメールでinfo@mikatono.comまで
お願い致します。

皆様のご参加をお待ちしています。

[PR]
# by shelley2014 | 2017-07-13 21:39 | レッスン